教えます!自己紹介の方法 少しでも印象を残せる自己紹介術

自己紹介の方法 少しでも印象を残せる自己紹介術

 

婚活は、いわば出会いの場でどれだけチャンスをものにできるかが重要になってきます。人は第一印象でそのあとの対応も扱いもかなり変わってきますので、本当に初対面というものが大切になります。

 

その初対面でどれだけ相手の印象に深く刻みつけることができるのか、そこで必要なのが自己紹介のテクニックです。顔の造作や表情だけではわからない内情のものが、自己紹介で明るみになる、といっても過言ではありません。これは、婚活において一つ目のターニングポイントなのです。

 

今回は、そんな婚活において印象に残りやすい自己紹介術をご紹介していきます。

 

目次
はっきりとした口調で話す!
自己紹介の内容を工夫しよう!

恋愛14

・はっきりとした口調で話す!

 

まずは、喋りかたからご紹介します。ここで挙げるのは、はっきりとした口調で話す、ということです。誰でも小さい時に一回は自己紹介をしたことがありますよね。その時、好印象を持った相手の多くは、きちんと自分のことを話している子ではなかったですか?

 

恥ずかしいからといって、もじもじとはっきりしない口調の女の子は、かわいいかもしれません。しかし、それは女の子に限ったことです。女性はそうはいきません。

 

まずははっきりと話す練習をしてみてください。発声練習をしてみるのもいいでしょう。きびきびと話す女性を、嫌だと思う男性はいませんよ。

 

・自己紹介の内容を工夫しよう!

 

次に、自己紹介の内容です。小さかった時は、自分の名前、趣味など、短く言って最後に仲よくしてね、といっておけば
許される自己紹介だったかと思います。しかし、婚活現場において、そんな自己紹介はもはや通用しません。

 

どうやって相手の印象に残る自己紹介をするか、それはやはりこの話す内容にかかってくるのです。

 

ここでは一例をご紹介していきます。

 

あだ名や愛称など、相手が呼びやすいようなものを言ってみる

 

まずは名前をいう時、周りと違いをつけるためには、自分が読んでほしいあだ名を加えて自己紹介してみましょう。そうすることで、男性はあなたに親しみを湧くようになりますし、あなたに話仕掛けやすくなります。

 

失敗談や面白エピソードを加えてみる。

 

あとは、あなたに対する印象を深く刻みつけるためには、話してもいいくらいの、軽い失敗談や面白エピソードを加えて自己紹介してみましょう。もちろん、周りが引いてしまうような暗くて重い話は絶対にダメですし、笑いだけをとろうとしてもダメです。そうではなく、聞いている人が思わずくすっとなって、あなたに話しかける口実になってくれそうな話題を見つけてみましょう。
恋愛15
いかがでしたか?

 

婚活において、自己紹介は面接のようなものです。そこでどれだけ印象を残せるかで、その後の展開も変わっていきます。

 

まずは自分自己紹介を振り返ってみて、反省点がないかチェックしてみましょう。そうして改善点を出したら、鏡に向かって練習してみるのもいいことですよ。ぜひ参考にしてみてください。知っておこう!男の妊活方法 パートナーだけの問題じゃない

 

トップへ